第279号「本物のコミュニケーション」

~~~~~まぐまぐ殿堂入り~~~~~~
永遠のパートナーをゲットする78の秘訣!
第279号 2016年 2月 18日(木)
「本物のコミュニケーション。」
相談室リアルラブ http://www.realove.to/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは!湯田佐恵子です。

今年のバレンタインデー、日曜だったというのもあって
あっという間に過ぎましたねえ!

なんだか個人的には、気づいたら終了してしまいました。

でも特に何もしなくても毎年ちゃんと思い出すのに、なぜ思い出さなかったか?

それは、日曜だけでない理由がありそうです…

それはね…

夫が私のそばにいるから、思い出さなかったのかも!!

近くにいすぎて男女の差異さえごっちゃになっている!

とほほ~。

気をつけたいと思います!

さて、本日お送りしたいのは、本物のコミュニケーション。

日頃、もっと本物のコミュニケーションをしていれば
私自身、バレンタインデーも忘れなかったかもしれません。(笑)

とは言え、その都度本物をこころがける努力が
明日のよい関係を作るのですよね!

学びに変えていきたいと思います。

みなさんは「こんな時、うまく話せない」という体験はありませんか?

〇プレゼントを上手に受け取る。

〇助けが必要な時、人に助けを求める。

〇社交的な場面で日常会話をする。

〇不当なことをされた時、そのことを言う。

〇批判された時、きちんと対応する。

〇行きたくないデートを断る。

〇助けを求められて断りたい時、断る。

〇自分の話を中断された時、それを言う。

私としては、案外肯定的なコミュニケーションが苦手です。

「社交的な場面で日常会話をする」のは、かなり不得意ですね(笑)

それも複数の人たちが会話をしているところに入るのが難しい!

ついつい自分中心に「ねえ、何話してるの?」なんちゃってます。(笑)

また、ネガティブなコミュニケーションでも
もしかしたら、相手が気を悪くし、
いさかいが起きる可能性もある、かもしれません。

その方と今後どうかかわるかをしっかり考え、
話そうとする必要があります。

最近でこそ、批判された時きちんと対応するということを
かなりできるようになりましたが、以前はとても下手でした。

でも、コミュニケーションて、練習すればするほど上達するんです。
ですから、一度覚えてしまえば一生役に立ちます。

その場限りでお茶を濁すような対応をしていると、
あとあと面倒なことになりかねません。

本当のことを、ありのままを丁寧に相手に伝えるようにしていくだけで
相手にとって、その瞬間は受けとりにくいと感じても、
あとあと誠実さを感じる対応に信頼感が深まるんですね。

リアルラブでは、会員対象にこういったワークショップも行っています。

お見合いや交際に関してなど、みんなで苦手なシチュエーションを想定して
ロールプレイをやったりしています。

カウンセリングや入会申し込みは下記サイトをご覧くださいね。

結婚相談所&婚活カウンセリングのリアルラブ
http://www.reallove.to 03-3443-3090

下記は会員事例もたくさん書いてあるブログです。
http://ameblo.jp/reallove

■~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~■

【永遠のパートナーをゲットする78の秘訣】を

           はじめて登録してくださった方々へ

■~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~■

(メルマガの主旨)

このメルマガは、心から愛しあえる人を見つけたい方や

男女関係の心理を深く理解し、さらに互いの関係を深めたい方に

是非読んでいただきたいと思っています。

また、男女関係だけでなく、様々な分野で自分の幸せを

意欲的に追求したい!と考えている方も是非!

誰でも、ありのままを受け入れあうだけで幸せを体験します。

このメルマガで癒され、人間関係や男女関係を信頼し

人生を楽しんでいただければ幸いです。

・皆様のご感想、ご意見、ご質問をお待ちしております。

戴いたメールは必ず全て返信させていただきますね。

メルマガは、これをそのまま返信していただくと発行者に

直接届きますから気楽にどんどん送ってくださいね。

・「永遠のパートナーをゲットする78の秘訣!」

発行元  自分を好きになる会

http://www.reallove.to/ 電話 03-3443-3090

・このメルマガはどんどん転送していただいて構いません。

(相談室入会時には、ご紹介者に謝礼をお送りします♪)

◎永遠のパートナーをゲットする78の秘訣♪

のバックナンバー・配信停止はこちら

http://archive.mag2.com/0000140366/index.html